チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(プレイリスト)80年代ポップス

80年代ポップスを中心にSpotifyのプレイリストを作りました。

選曲はノーナ・リーヴス西寺郷太さんの著書やラジオでの発言を軸に、80年代ポップスの濃度の高い80年代中頃を中心に、またリズムの変遷を体感できるように選んでいます。

 

 

以前、西寺郷太さんがラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』で80年代ポップスの始まりはSONYの初代ウォークマンが発売された1979年7月1日からであると言っていました。

つまり、79年に発売されていても夏以降に発売されたマイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』やプリンスの『愛のペガサス』などは実質80年代ポップスだということです。

更に80年代前半の3大キーワードとしてウォークマン、VHS、MTVを挙げていました。

 

そして、始まりがあれば終わりもあり、明確に80年代的なものではない全く新しいものだと感じたのが1989年3月27日に発売されたソウル・II・ソウルの「キープ・オン・ムーヴィン」だったそうです。

そして、80年代後半の3大キーワードとしてCD、クオンタイズ、ゴルバチョフを挙げていました。

 

ちなみにクオンタイズとはビートの量子化のことで、非常に簡略化して言うとビートを均一化することで人間的な揺らぎよりも機械的なクールさを獲得し、86年に発売されたジャネット・ジャクソンの『コントロール』以降、そのクールな印象を与えるビート感覚は急激にポップスへ取り込まれていき、HIP HOPが一気にオーバーグラウンド化するタイミングとも合致しています。

言わずもがなマイケル・ジャクソンの妹であるジャネット・ジャクソンのプロデュースがジャム&ルイスといういわばプリンス一派というのも80年代ポップスの転換期としても非常に興味深い所です。

西寺郷太さんの一連の著書はそういった部分を非常に丁寧に描かれており、80年代ポップスを深堀りする際にも非常にオススメです。