チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(プレイリスト)80年代UKインディー

80年代のUKのインディーを中心にSpotifyのプレイリストを作りました。

 

 

以前80年代のポップスのリズムの変遷を意識して選曲プレイリストを作りましたが、今回はその時UKではどのような動きがあったかを意識しながら選曲してみました。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

MTVという新たなプラットフォームでマイケル・ジャクソンやプリンスといった大スターが活躍していた80年代前半から「ウィー・アー・ザ・ワールド」というピークを越え、ジャネット・ジャクソンとHIP HOPが一気にポップスのムードを更新していくというのが前回の80年代ポップスのプレイリストの概要でしたが、今回の80年代のUKインディーのプレイリストのテーマは、ずばりマンチェスターとクリエイション・レコーズです。

そこに、U2やザ・ポリス、ザ・キュアー、エコー&ザ・バニーメンといった当時のUKシーンを引っ張っていたバンドと、『C81』や『C86』というインディー的価値観を少し混ぜています。

 

この時期のマンチェスターは、ジョイ・ディヴィジョンからニュー・オーダーを発端に、ザ・スミスストーン・ローゼズハッピー・マンデーズといったニューウェイヴ以降のバンドの中でも特にリズムに意識の向いたバンドを多く輩出しています。

 

そして、クリエイション・レコーズというのはアラン・マッギーが創設したインディー・レーベルなのですが、ジーザス&メリーチェインを始め、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやライド、ティーンエイジ・ファンクラブなどノイジーなギターが特徴のバンドが多く在籍していました。

 

ちなみにクリエイション・レコーズの顔役とも言えるプライマル・スクリームのフロントマンのボビー・ギレスピーはアラン・マッギーと幼馴染であり、ジーザス&メリーチェインをアラン・マッギーに紹介したのも彼でした。

それ故、初期ジーザス&メリーチェインのドラマーをボビー・ギレスピーが務めています。

 

そして、この2つが絡み合うことで80年代後半にかけてマッドチェスターやシューゲイザーと呼ばれるシーンを形成していき、この後に起こるブリット・ポップの地盤を築き上げていきます。

なによりオアシスがその両方を出自とするバンドだということがその証左ではないでしょうか。

 

更に深堀りしてみたい方は『24アワー・パーティー・ピープル』と『アップサイド・ダウン:クリエイション・レコーズ・ストーリー』という2本の映画がマンチェスターやクリエイション・レコーズの音楽がいかに新鮮だったかがわかる作品になっているので、ぜひご覧ください。