チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(プレイリスト)00年代USインディーとガレージロックリバイバル/ポストパンクリバイバル

00年代のインディーを中心にSpotifyのプレイリストを2つ作りました。

 

 

1つ目はニューヨークのミュージシャンを中心にカナダを含めた北米の00年代のインディーシーンを振り返れるように選曲してみました。

 

00年代初頭の音楽シーンといえば、ガレージロックリバイバルやポストパンリバイバルといったムーブメントがアメリカ以外にも波及したのですが、それを先導していたのはニューヨークのミュージシャン達でした。

 

例えばガレージロックリバイバルの筆頭として挙げられるザ・ストロークスも、一方ではニューヨークの音楽シーンに目を向けさせたバンド、という見方をすることもできます。

中でも、LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーとTV・オン・ザ・レディオのデイヴ・シーテックという2人の活動は00年代のUSインディーをリードしていくようなものでした。

その後のバンド活動ももちろん素晴らしいのですが、その2人が先駆けて行なっていたプロデューサーとしての活動は、ラプチャーヤー・ヤー・ヤーズといったポストパンリバイバルのムーブメントを先導するようなバンドに携わっていたことからも、ポストパンリバイバルにとっても00年代のニューヨークのシーンにとっても非常に重要なものだったと言えます。

 

また、08年当時ニュー・エキセントリックと呼ばれていたシーンで存在感を放っていたヴァンパイア・ウィークエンドやMGMTといったバンドもニューヨーク出身でしたが、ニューヨークのインディーシーンの1つのピークを迎えたのがアニマル・コレクティヴやダーティー・プロジェクターズ、グリズリー・ベアといったブルックリン周辺のミュージシャンが相次いで傑作をリリースした09年でした。

 

というような流れを意識しながら、R.E.M.以降のUSインディーに脈々と流れるフィーリングも感じながらお聴きください。 

 

 

そして、上記のガレージロックリバイバルやポストパンリバイバル、ニューエキセントリックといった流れをイギリス寄りの選曲で作ったのが今回の2つ目のプレイリストです。

 

00年代は非常に新人バンドに勢いがあった時代でした。

イギリスに限らず、様々な国からバンドが発見されたガレージロックリバイバルから始まり、ポストパンリバイバルを経過し、アークティック・モンキーズが登場するという流れは、当時ティーンエイジャーだったこともあり非常に興奮したものでした。

 

ですので、この2つ目のプレイリストは上記のUSインディーの流れを考えながら選曲したのと比べると、勢い重視な選曲になってはいますがその分当時の勢いが感じられるかもしれません。

 

ということで、以前作った80年代のプレイリストの2つが表裏の関係にあるように、この2つのプレイリストを聴くことで、00年代のインディーシーンの空気感が感じ取れると思いますので、ぜひお聴きください。

chart-pop-696.hatenablog.com

chart-pop-696.hatenablog.com