チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(プレイリスト)グルーヴで聴くMr.Children

本日5月10日はMr.Childrenのメジャーデビュー26周年となる日だったようなのですが、そのタイミングでサブスクリプションサービスでの全シングル、全アルバムの配信が解禁されました。

以前、日本では人気のJ-POPのサブスクリプションサービスへの参入が過渡期だと書いたことがあるのですが、Mr.Childrenのこの解禁はいよいよJ-POPでも本格的な参入が始まるきっかけとなるのではないでしょうか。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

ということで、Spotifyでも解禁されたMr.Childrenの楽曲の中からプレイリストを作ってみました。

 

 

Mr.Childrenというと、そのドラマチックなメロディであったり、ボーカルの桜井和寿さんが真摯に歌う歌詞に注目が行きがちだと思うのですが、今回のプレイリストのテーマは「グルーヴで聴くMr.Children」ということで、有名なシングル曲からだけではなかなか見えてこない部分にフォーカスを当ててみました。

アルバムやシングル曲を中心に聴くMr.Childrenのイメージとはまた違ったポスト渋谷系としての出自や、ブラックミュージックのフィーリングを感じ取ることもできるのではないでしょうか。

 

キャリアも長くベストアルバムも何枚もリリースされており、素晴らしいオリジナルアルバムも何枚もあるMr.Childrenなので(『Atomic Heart』から始まる『深海』、『Bolero』、『Discovery』、『Q』、「It's Wonderful World』はどれもが名盤です)、サブスクリプションサービスに解禁されたばかりだと聴きたい曲やアルバムはたくさんあるかと思いますが、気が向けばこのプレイリストも是非聴いてみてください。

 

追記。

Mr.ChildrenSpotifyでも解禁されたことでバイラルチャートがほとんどMr.Childrenの曲に独占されるということが起こりました。

Mr.Childrenの人気曲ランキングとしても面白いチャートになっているので、そちらも是非ご覧ください。

chart-pop-696.hatenablog.com