チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(コラム)椎名林檎と宇多田ヒカルは日本を代表するプロデューサーチームになりうるか

東芝EMIガールズというグループはご存知でしょうか。

 

東芝EMIガールズとは1999年10月8日に赤坂BLITZにて行われた新人発表イベント『ミュージック・トークス 99』にて、椎名林檎さんと宇多田ヒカルさんが結成したユニットのことで、その際カーペンターズの「i won't last a day without you」のカバーを披露しました。

その後、2002年に発表された椎名林檎さんのカバーアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』に宇多田ヒカルさんと新たにレコーディングされた同曲が収録され、2016年には宇多田ヒカルさんのアルバム『Fantôme』に収録された「二時間だけのバカンス」での共演も記憶に新しいところです。

 

さて、2018年というのは宇多田ヒカルさんや椎名林檎さんのデビュー20周年となる年です。

宇野維正さんの著作『1998年の宇多田ヒカル』で語られる様に、他にもaikoさんや浜崎あゆみさんなどがデビューしたのも同年の1998年、ロック好きの視点からすると98年の世代と呼ばれる、スーパーカーくるりナンバーガール、ドラゴン・アッシュ、中村一義さん、七尾旅人さんなどが活躍し始めるのもこの頃で、音楽好きにとっては思い入れのあるミュージシャンが多い時期なのではないでしょうか。

 

例えば、90年代初頭から中盤にかけての渋谷系フリーソウルといった音楽は、当時世界一レコード屋が密集していたとされる渋谷区宇田川町のその土地ならではの音楽的教養がそのまま音楽性に繋がっており、東京ならではの文化というイメージが強いです。

chart-pop-696.hatenablog.com

 

その点、先に挙げたミュージシャンの多くは東京を出身としないミュージシャンが多いことが見受けられますが、それはタワーレコードHMVといった外資系レコードショップが全国展開し、地方でも古今東西の音楽のバックカタログが充実したことによるものが大きいのではないでしょうか。

また、レコードショップ文化と結び付きが強く、当時はまだ東京ローカル文化としての面も強かった日本のヒップホップシーンにも、98年には札幌のザ・ブルーハーブがデビューするわけで、その流れと重ねても良いのかもしれません。 

chart-pop-696.hatenablog.com

 

そして、98年には小沢健二さんがニューヨークに旅立ち、ニューヨークからは宇多田ヒカルさんが日本にやってくるという非常にドラマ性に満ちたものがあり、更に言えば、00年代のNYで生活をしていたというのが小沢健二さんの凄みにも繋がってくる訳ですが、それはまた別の話です。

chart-pop-696.hatenablog.com

chart-pop-696.hatenablog.com

 

さて本題に戻り、椎名林檎さんはデビュー直後から広末涼子さんやともさかりえさんに楽曲を提供していました。

その後のブレイクにより一時は提供曲というものが無くなっていましたが、デビュー10周年を迎えた辺りからまた提供曲が増えていきます。

 

その提供曲をセルフカバーしたのがここ数年でリリースされた『逆輸入 〜港湾局〜』と『逆輸入 〜航空局〜』の2枚のアルバムです。

そのアルバムに収録された曲の提供した相手を並べると、PUFFYTOKIO広末涼子さん、栗山千明さん、SMAP野田秀樹さん、ともさかりえさん、真木よう子さん、高畑充希さん、石川さゆりさん、林原めぐみさん、Doughnuts Hole(坂元裕二さん脚本の『カルテット』の出演者の松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さん、高橋一生さんによるユニット)、柴咲コウさんと非常に豪華なメンツなのがわかりますし、椎名林檎さんのロック的なイメージに留まらないポップカルチャー全体に目配せしているものだということもわかります。

 

そして、20周年の大きな目玉となるトリビュートアルバムが5月23日にリリースされるのですが、参加ミュージシャンは亀田誠治さんプロデュースによるスピッツMr.Childrenとアジアン・カンフー・ジェネレーションと雨のパレードのメンバーが集ったtheウラシマ’Sを筆頭に、宇多田ヒカル小袋成彬、レキシ、MIKA、藤原サクラさん、田島貴男さん、木村カエラさん、三浦大知さん、ライムスター、AIさん、井上陽水さん、私立恵比寿中学、LiSAさん、松たか子さんというように、こちらも非常に幅広く豪華な参加者となっており、theウラシマ’Sももちろん楽しみなのですが、この文脈ではどうしても宇多田ヒカルさんと小袋成彬さんの「丸の内サディスティック」が1番の楽しみなのは言うまでもありません。

 

そんなセルフカバーアルバムやトリビュートアルバムが20周年の活動の導入になっているということは、以前から表舞台での活動よりも職業作曲家としての活動を優先させたいと言い続けていた椎名林檎さんの言葉を実現しているようにも思えますし、東京オリンピックの委員会での活動も合間って、最近はより大きな視点でその活動をされているように思えます。

 

一方、人間活動からの復帰以降の宇多田ヒカルさんは『Fantôme』に椎名林檎さんの他に招いたミュージシャンが2人おり、それはKOHHさんと小袋成彬さんでした。

他にも「光」のリミックスをPUNPEEさんに依頼したり(ネットで配信された番組『30代はほどほど』にゲストとして呼ばれていたのもPUNPEEさんとKOHHさんでした)、2017年に配信でリリースされた楽曲には、ディアンジェロロバート・グラスパーのドラマーとしても活躍する、現状ナンバー1ドラマーといっても過言ではないクリス・デイヴを招くなど、明確に共闘というモードが伺えます。

 

先に挙げたKOHHさんは2016年にはフランク・オーシャンの『Boys Don't Cry』というジンに付属されたバージョンの『Blonde』に参加しているように、日本よりも海外で評価が先行しているラッパーですし、先述したPUNPEEさんによるリミックス「光 (Ray of Hope MIX)」は全米iTunesチャートで日本人アーティスト最高位となる第2位を記録するなど、日本だけに留まらない視点であることは重要かもしれません。

 

そして、今年の4月25日には宇多田ヒカルさんプロデュースによる小袋成彬さんのデビューアルバム『分離派の夏』がリリースされます。

先行曲を聴く限りフランク・オーシャン以降のモードで、ジェイムス・ブレイクらのポスト・ダブステップを更新している様な印象があり、更にアルバム収録曲にはクリス・デイヴも参加しているとなると、デビューアルバムということを除いても破格な豪華さだと思いますし、何より宇多田ヒカルさんプロデュースだとここまでできるのかと感心してしまいます(もちろん、小袋成彬さんの才能があってこそですが)。

 

というように、この2人が現在の日本のポップミュージックの大きな担い手となっていることは言うまでもないというのが現状なのですが、自身が表現者として音楽を作る際、バンドにこだわりを見せてきた椎名林檎さん、そして対照的に作曲からアレンジまで全てコンピュータ1台で作り出してしまえる宇多田ヒカルさんが、両者共にまた違った方法論でポップカルチャーを更新しようとしているのがここ数年ではないでしょうか。

 

さて、2014年に椎名林檎さんと宇多田ヒカルさんとの間にこんな風なやり取りがありました。

「ヒカルちんとのEMIガールズ、まずLIVEから始めるってのもオツではありませんか 早く取り組みたい!」

「EMIガールズ、ライブから始めるの面白そう!今までライブ想定しながら作曲・レコーディングしたことないからそういうアプローチ惹かれる」

 

更には、椎名林檎さんの今年から始まったツアーの来場者アンケートには20周年の活動にどんな活躍を期待しますかという設問に、スペシャルユニットという選択肢がありました。

東芝EMIガールズは日本を代表するプロデューサーチームになりうるか、はたまた日本の音楽シーンを代表するスペシャルユニットになるのか、これからの動向が非常に気になるところです。