チャート式ポップカルチャー

チャートやプレイリストから現在の音楽や映画を眺めるブログ

(プレイリスト)ブリットポップとクール・ブリタニア

90年代のイギリスで起こったブリットポップというムーブメントを中心にSpotifyのプレイリストを作りました。

 

 

ブリットポップというのは90年代、特に94年頃から97年にかけて起こったイギリスならではの価値観を強く押し出したムーブメントのことです。

 

真っ先にオアシスとブラーの2大バンドのセールス対決のことが取り上げられますが、パルプの『コモン・ピープル』がそのムーブメントの本質を捉えているとされる様に、イギリスならではの華やかさの中にも皮肉混じりのユーモアが内在する点が本質であり、デーモン・アルバーンジャーヴィス・コッカーの知性が注目された一方、やはりリアム・ギャラガーノエル・ギャラガーのロックスター然とした佇まいや、労働者階級ならではの反骨精神が入り乱れることによって成り立っていたムーブメントだと思います。

 

そして、当時隆盛を極めていたダンスミュージック、そして音楽だけではなく、スポーツやアート、ファッションなども同時期にイギリス国内では盛り上がりをみせており、そういったイギリス文化全体の盛り上がりをクール・ブリタニアと称していました。

 

しかし、クール・ブリタニアを推していたトニー・ブレアへと政権交代した途端、ブリットポップはその狂騒が覚めていき、ブラーのデーモン・アルバーンはいち早く「ブリットポップは死んだ」との発言と共にアメリカのオルタナティヴロックに接近したアルバム『ブラー』をリリース、更にはそれ以上の衝撃を持って受け止められるレディオヘッドの『OKコンピューター』のリリースによりシーンの空気感がまた変わっていくこととなります。 

 

当ブログでは以前作成した以下の2つのプレイリストの間に当たるわけですが、厳密にいうとニルヴァーナがイギリスでも大きなヒットを飛ばしていた時期と、レディオヘッドの『OKコンピュータ』から『キッドA』までの時期がすっぽり抜けていますが、それだけニルヴァーナレディオヘッドの存在が大きいということでもあります。

ぜひ、その2バンドと共にプレイリストも聴いてみて下さい。
chart-pop-696.hatenablog.com

chart-pop-696.hatenablog.com